リアル肝試し

怪談話というか、今月の10日に子供達と


神社に行って体験したお話をしようと思います


多少なり夏の夜をヒンヤリしていただければと思います。





10日といえばちょうどゲンくんをお迎えに栃木県へ


行った日の夜ののことです



栃木に行くならついでに日光東照宮の


豪華絢爛な神社を見たいと思っておりましたが


高速道路の渋滞もあり、ゲンくんを引き取ったのが


既に夜でした



しかし、栃木へ来る機会もそうはないと思い


日光東照宮へ向かうことにしたんです



なんとか到着しましたが、駐車場も空いていなく


近くの邪魔にならないところに車を止めて


子供がゲンくんを抱き、歩いて向かいました


辺りは真っ暗


7時過ぎ頃でしたが人も居ません


子供達は恐怖を感じているのがわかったので


「ここは怖がるところじゃないから大丈夫だよ
神様がいるところだから」


と、声を掛けました



東照宮の敷地内に入っていき


ザッ  ザッ  ザッと砂利を踏む音が


静けさの中に響きます


すると


数十メートル先の辺りから数人の叫び声が聞こえてきました・・・


「ヴー」なのか「おー」なのか低い声のようにも


女性の叫び声のようにも聞こえました


神社の敷地内からただならぬ声が聞こえる状況で


いきなり足が動かない!


声が近づいているようにも聞こえる


さっきより声の人数も増えてる!


「うーー」 「うーー」 「うーー」 うめいてる声が聞こえる!


子供たちにも聞こえてる


声が近づいてる


足が動かない


右足が重い 右肩もいきなり ずんっ と


一気に重くなり、手のひらもしびれて



その時うっ!と顔を上げたら

・・・小学生くらいの女の子が手を引っ張ってる!


ううっ!わあ!







うちの娘でした、怖くて私の右手と右足に
絡まっていました・・




多数の声の主は敷地内にある武道場で剣道の
稽古中の生徒でした・・・




さらに奥へ歩いて行くと・・・


さっきとは違う深い静けさが漂っています


暗闇に霧が静かに動き漂っています


真っ暗です


唯一少し離れたところに小さな倉庫でしょうか


あかーい電灯が灯っているだけです


これがまた不気味で・・・



歩いていくと、ここは表門になるのでしょうか


鳥居を越えた脇の道から出たら


石階段と門があり


正面には五重塔が建っています




参拝者が入る門は時間が時間なので入れません


ここで一先ずしっかりと子供達と一緒に


お参りしました


思い出に写真も

余裕のピースサインしてますが・・・


私はこれから10時間近くかけて車で帰らなければならないので


無事に帰れますようにと、交通安全を祈願しました



五重塔でも数枚パシャリ

フラッシュ忘れ・・


2枚目

こ、これ


オーブですね・・


3枚目

いっぱい写ってます


取った瞬間の確認で気付きましたが


その時は蒸気とかホコリとか?


てな感じでした


撮った写真にオーブが映るのは初めてだったので


無事に帰ってきてから調べてみましたが


赤やオレンジは危険的な感じらしいのですが


白系なら安全みたいです、守護霊とか?


キレイなパール色ならお金が入る合図のようなもの


だとかも


むりくりパールってことにしようかな ヽ(´▽`)/



私は霊感はないですが霊の存在や神社等、見えない力は


信じているのである意味


夜だろうが夜中だろうが一人だろうが


神社に入っても恐怖心はありません


この前、地元で有名な心霊スポットの神社に


夜中に一人でクワガタ採集に行きました 笑


心のどっかで恐怖が潜んでいても感じないように


キープします


一人で猪に遭遇したほうがよっぽど怖いです





途中からなんか話がそれましたが


プチ稲川劇場はいかがだったでしょうか?


うちわ程度のクールダウンにしかならないと思いますが・・



私は、今日誕生日ということで家族に祝ってもらい
クールダウンどころかケーキファイヤーで

心も体もぽっかぽかになりました 笑

























×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。